2016年07月02日

USCPA受験 − アラスカ州 (卒業前に受験開始した方)

学位取得前にアラスカ州で受験開始をした皆さんへ

日本におけるUSCPA受験者の多くが受ける州としてはアラスカがあります。理由は会計単位が少なくて受験できること。現役の大学生にとっても、残り18単位で卒業できることを証明できれば会計15単位で受験できることは大変魅力的です。(就活に科目合格や受験中として貴重な存在となります。)

本日の情報はすでにアラスカ州で受験を開始した時が大学卒業前、現在も受験を継続中という方です。
大学卒業して、新しい仕事で一段落。そろそろ受験開始の方も多いと思います。その方々の持つ疑問に次のものがあると思います。
Q1:卒業をしたけれど手続きをしないといけないのか?
Q2:その手続きはどうしたら良いのか?
Q3:学歴審査必要なのか?
Q4:NIES以外で学歴審査を終えている場合はNIESでの審査が必要なのかどうか?


ご存知のようにNASBAのCPAESが受験手続や管理をしていますが、確認を入れたところアラスカ州のBoardの会議で話し合うという連絡のあと、進展がありません。確かに、受験者の割合からするとまだまだ人数が少ないことを考えると、決める必要もないとお考えかもしれません。その時次第で対応を検討ということかもしれません。

現状をお知らせします。
1.CPAES-AKとして、こういう方々の対応に関して、最終案内はありません。
2.英文卒業証明書を送ることで(学歴審査不要)受験継続されている方がおられます。
3.受験手続の画面でRe-examの手続きをすることになりますが、学位を聞かれるところで修正、学校名などが必要となる個所では日本の学校ということから、International で対応可能です。(画面の変更に合わせて臨機応変に対応が必要ですが。。。)

また、いつ状況が変わるかわかりませんが・・・
1.受験を継続していることを考えると、卒業したことを証明することを推奨。
2.(厳密に考えると、学歴審査も必要にも思いますが)
  まず、卒業したので証明書を送る旨説明するカバーレターと英文卒業証明書を送る。

証明書の郵送後に、アラスカ州から学歴審査等の要求があった場合にのみ、学歴審査の対応をすることで問題ないと思います。費用と時間のかかる作業です。できたら避けたい手順です。
実例もあることから、英文卒業証明書を送ることで対応できるはずです。

何らかの問題がありましたら、オフィスアメリカにご相談ください。

==========================
オフィスアメリカ 中川 真由美
〒531-0017 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F
TEL:06-7711-1813 FAX:06-7711-1501 
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officeamerica@applycpa.com
===========================



posted by Mayumi at 17:19 | TrackBack(0) | USCPA受験手続

2016年06月21日

USCPA 学歴審査 − NIES Advisoryに間違って登録!

USCPA受験手続の一つの学歴審査は面倒な手続きの一つとなりました。

昨年末からアラスカ州もNASBAの学歴審査機関のNIESが指定となってからは、他の学歴審査期間を選択できないことから、十分に審査機関の日程なども考慮して手続きを進める必要です。多くの方がアラスカ州で受験してワシントンでライセンスという状況は考えると、日本の受験生の8割以上がNIESで学歴審査を受けているのではないでしょうか?(グアム州は今でもERES学歴審査利用いただけます、念のため。)

以前のブログで紹介した項目のSummary。ご希望の方はそのページへ。
注意事項:
1.学歴審査にかかる日数は約8週間 (書類の郵送や届いてからNIES内部での処理などを考えると2か月以上。
2.書類は必ず厳封。大学によっては厳封の依頼が必要な場合あり。
3.会計単位やビジネス単位と認めてほしい場合、シラバスの英訳や教員のレターを用意。これらも大学の封筒に入れて厳封要。

最近聞くのが、「間違ってAdvisoryに手続きをしてしまったけれども・・・どうしょう???」

次のように対応してください。
1.すぐにメールで間違った旨連絡
2.Evaluationで再度改めて登録
  *Advisoryに支払った費用を回すということはできません。(金額も違います。)
  Advisoryの際にご自身のアカウントを作成していますから、Evaluationを依頼することで手続きできます。
3.書類を送る際に、Evaluation用であることの説明。

<返金に関して>
**Advisoryへの支払いに関しては、まだ手続きが終わっていない場合は、2日程度で返金されますが、すでに処理を始めている場合は、返金ありません。

<書類に関して>
事前に郵送を終えている場合、Advisory用として取り扱われた場合は、改めてEvaluation用の書類が必要となります。早く連絡をすることで、この手間を避けることができます。

NIESのHPは見ずらいということはNASBAでも把握をしています。1回のみの手続きを考えると簡単なHPを期待したいところですが、改善はなさそうですす。

また、日本語で交信はできません。英語での交信となります。

英語での交信がむつかしい方や手続きをどうしてよいかわからない方、オフィスアメリカにお問い合わせください。NIES手続きも含めてオフィスアメリカではUSCPA受験のサポートプログラムを提供していますので、ご検討ください。

==========================
オフィスアメリカ 中川 真由美
〒531-0017 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F
TEL:06-7711-1813 FAX:06-7711-1501 
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officeamerica@applycpa.com
===========================


posted by Mayumi at 20:33 | TrackBack(0) | USCPA受験手続

2016年06月11日

NIES - 手続に必要な書類 (要注意)

NIES − 書類に関する注意事項

日本からUSCPAの受験者はほとんどの方がNIESで学歴審査を受けることになります。
会計単位が少なくて受験のできるアラスカ州、ライセンスのためにワシントン州が多いと思います。

思いついたら気持ちが熱いうちに、すぐに単位が揃うアラスカで受験して、合格後に実務経験の条件をみたしながら、WAでライセンス取得のために追加で単位を準備することが一番良いと思います。単位をそろえるために時間をとられ、結果として、USCPAの受験に至らないこともあります。(確かに、受講することでアメリカの提携先の大学単位を出すところもあるようですが、高額になりませんか?)

グアム受験はERESで学歴審査が可能です。ご検討の方は、お問い合わせ下さい。

本論のNIESに提出する書類に関して:

1. 通常通り英文成績証明書と英文卒業証明書各1通。(学位が成績証明書にあるとERESの場合は卒業証明書は不要ですが、NIESへは送りましょう。)
**必ず厳封で用意。(大学に厳封で書類を依頼すること。)

2. パスポートの写真のページのコピー(試験の際に使う名前がパスポートの名前と一致する必要があることから。)

3. 補足資料全て大学の封筒で、大学に厳封で。
1)セミナーや実際の授業内容が解らないような科目名の記載の場合
これらをビジネスや会計単位として認めてもらうためには、シラバスの英文や担当教員による内容の紹介とそのサインなど内容を説明することで、会計やビジネス単位となります。ただし、大学の封筒に同封し厳封で書類の用意が必要です。それ以外は無効です。

2)科目名にBookkeepingという英語が使われている場合
NIESではAccountingとしてカウントされます。
**大学によっては簿記論までBookkeepingの単語が使われていたり、Bookkeeping 2や3などの上のレベルがあり、内容とすると米国の大学における、Upper Divisionの内容の場合があります。間違いなくUpperとして認めてほしい場合は、やはりシラバスの英語文のコピーを大学の封筒に同封、厳封で用意することをお勧めします。(万が一、認められない場合には、後日書類を送って修正を待つようでは時間がかかりすぎます。)
3)婚姻等で名前が成績証明書やパスポート名が違う場合、受験用の手続きや受験会場での証明書はパスポート名が原則となりますから、証明が必要となります。

書類やお手続きに関してご不明の場合、オフィスアメリカサポートプログラムをご利用ください。1年間質問対応をするカウンセリンや手続きを全て代行するサポート等用意しています。面倒な手続きのトラブルで肝心な勉強ができない日が続くとペースが崩れます。興味のある方はオフィスアメリカのHPでご確認、お問い合わせください。

==========================
オフィスアメリカ
〒531-0017 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F
TEL:06-7711-1813 FAX:06-7711-1501 
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officeamerica@applycpa.com
===========================
posted by Mayumi at 17:15 | TrackBack(0) | USCPA受験手続

2016年05月23日

USCPA受験の学歴審査 – NIESのオンライン画面

NIESのオンライン画面

殆どのUSCPA受験者が手続きをするNIES学歴審査ですが、オンラインでお手続きをしますが、その画面やプロセスは日本ではあまり見慣れないもののような気がします。

アクセスをしたものの、どこで何をしたらよいのか?手続きをする際に、いくつかの方法があることから(画面アクセスなど)複雑な印象を持ってしまいます。

手順はオンラインでMy Accountを設定、カードでの支払、必要な書類(成績証明書や卒業証明書等。パスポートのコピーも忘れないように!!)、その後審査。後は待つのみ。
**現在は、6-8週間と言うことです。(これは審査をスタートしてからです。書類がNIESに届いてから、実際に審査開始となるまでに、日数がかかります。)

一度、My Accountを設定すると、各ステップが終るごとにメールが届き、同時に、My Account上でも同じメール文面を確認できます。トラブルが無い場合は、全く問題ない訳ですが、書類の不備等があると、簡単な英文での質問や案内がメールされてきます。あまりにも短い文面に“理解不能!”と言うこともあります。

弊社ではサポートプログラムでNIESの画面を使うことが良くありますが、手続きをしながら“なんだか面倒な解りづらい画面!”と、”初めて手続きをする人は大変だろうな?”と思いながら、処理しています。(これはNIESのスタッフも理解しているようですが、なんともなりません。)

何度もするとなれますが、初めてで、1回のみの手続きですから、戸惑うばかりだと思います。メールで質問をすると、返信ありますが、その問題を説明するための英文を用意するのがまた大変かもしれないですね。

簡単なトラブルなどご遠慮なく下記メールにお問い合わせください。
officeamerica@applycpa.com

弊社ではサポートプログラムで学歴審査手続きを変わって処理するサポートや年間ガイダンスサポートとして、NIESのトラブルを含め、USCPAに関する問題を何でもご相談頂けるプログラムも提供しています。よろしければ、是非ご検討下さい。
http://applycpa.com/USCPASupport.html

==========================¬=
Roger CPA Review日本事務局 / ERES日本受付
オフィスアメリカ
中川 真由美
〒531-0017 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F
TEL:06-7711-1813 FAX:06-7711-1501 
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officeamerica@applycpa.com
============================
posted by Mayumi at 18:09 | TrackBack(0) | USCPA受験手続

2016年04月23日

USCPA受験手続 - NIES学歴審査

NIES学歴審査に約2か月。30-35 Business days!

NASBAの学歴審査サービス“NIES”で審査を受ける方が増えました。結果、書類を送ってから結果が出るまでに2か月かかると考えて下さい。

当初は10日程度で結果が出ることや、オンラインでの申し込みが出来ることでNIESを使う方もいましたが、現在は状況が違い、次の理由でNIESで審査依頼をすることになります。結果として、審査依頼件数と審査官の数が間に合っていないのが現状です。

<理由>
1. アラスカ州とワシントン州はNIESの審査を指定
(日本の受験者やライセンス取得を考える方のほとんどがこの2州です。それだけでも審査件数が増えているのが解ります。)

2. 2017年新試験
新試験が始まる前に出来るだけ合格しておきたいと考える受験生が増えました。結果、手続きを早める方が増えています。

理由としては理解できますが、手続きをする側には理由は関係なく、早く結果が出て、受験予約をしたいところです。審査に時間がかかることで、NTS発行が予定より遅くなり、受験できないという状況は避けたいところです。

<現状>
1. 必要書類をEMSで送り、オンラインで手続き(約1週間)
2. NIESに書類が届いてから、実際に審査開始に約1週間
3. 審査開始になるとメールが届きますが、現在は30-35Business daysと説明有ります。(と言うことは、6週間から7週間かかる訳です。)
**書類を送ってから、結果が出るまでに8週間から9週間となります。


次のステップとして、CPAESで受験手続です。
こちらの方は結構スムーズに進み、2週間程度でメール添付でNTSが届きます。

NIESを使うことから、受験手続を開始しNTSを受け取るまでに2.5か月から3か月かかります。(いつ頃改善されるか判りません。)

USCPA受験も時代と共に変わりました。何年か前までは、受験手続にMoney Orderを作り書類をEMSで郵送していましたが、(クレジットカードが使えるようになったのは、ここ数年でしょうか)その当時が受験手続に3か月を考えてスケジュールを立て勉強をしていたように思います。

AKとWAでNIESでの学歴審査がMUSTとなったことで、また以前に戻った感じです。
NIESがRush-Jobを始めるように提案をしましたが、どうなるか??
経験の少ないうえに限られた審査官での仕事ですから、改善には時間がかかるかと思います。兎に角、早い時点で学歴審査を終えておきましょう。それが終っていれば、受験手続をしてから2週間でNTS(もっと早く発行される場合もあります。)、日本受験の手続きも今では支払いを終えると1・2日程度で予約ができます。

ご自身の受験スケジュールを見直して、NIESの学歴審査は早く受けましょう。

面倒な手続きや受験までのプランニングなどを一人では大変と思う方や、勉強に専念したい方のために、様々なサポートプログラムを提供しています。
オフィスアメリカのHPでUSCPA受験サポートプログラムを紹介しています。

(念のため、GUAMにApplyする場合は、ERESで学歴審査可能です。3週間、あるいは、Rush-jobもあります。)

==========================¬=
Roger CPA Review日本事務局 / ERES日本受付
オフィスアメリカ
中川 真由美
〒531-0017 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F
TEL:06-7711-1813 FAX:06-7711-1501 
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officeamerica@applycpa.com
============================
posted by Mayumi at 18:00 | TrackBack(0) | USCPA受験手続