2009年01月17日

USCPA受験勉強 Reg-Study Point 13

オフィスアメリカが書いておりますメルマガ "USCPA(米国公認会計士)への道”を読んでいただいていますか?
毎週金曜日に無料配信していますので、よろしければご登録ください。
http://www.mag2.com/m/0000274148.html

今回はRegulation-Study Point13です。
(一部をメルマガ01・16・2009で紹介しています。)


今回は続きLine 52からとなります。

Line 52:Child tax credit 子女税額控除。
17歳未満の子供一人につき、$1,000の税額控除が受けられます。 この税額控除はRefundable creditであるということに注意が必要です。

Line 53:Retirement saving contributions credit 年金貯蓄掛金控除。

Line 56:Add lines 47 through 55. These are your total credits 税額控除額の合計を出します。
つまりLine 47からLien 55までの合計が税額控除額総額となります。

Line 57:Subtract line 56 from line 46. If line 56 is more than line 46, enter -0-.
Line 46からLine 56を減算して差額を求めます。もし、マイナスとなった場合はLine 57にはゼロと記入します。

 次のLine 58からLine 63はOther Taxesとなります。ここより先の申告書の説明は受験対策上、重要なLineのみをピックアップして説明していきます。

Line 58:Self-employment tax. Attach Schedule SE 自営業税。
個人で自営業を営んでいる納税者に課せられる税金です。自営業を営んでいる納税者は1040のLine 58で自営業税を申告しますが、1040、1ページ目のLine 27でこの自営業税の2分の1をAdjusted gross incomeを算出する過程で控除することができます。

次はPaymentsです。ここでは、すでに源泉徴収や予定納税で税金を支払っている場合に申告します。

Line 64:Federal income tax withheld from Forms W-2 and 1099
雇用主によって源泉徴収された連邦所得税の金額を記入します。

Line 65:2007 estimated tax payments and amount applied from 2006 return
2007年度に予定納税をした金額と2006年度から充当した金額を記入します。

 Paymentsの次はRefundという項目になっています。これは還付、もしくは返金ということです。超過分は返金してもらうことができます。もしくは翌年度の支払いに充てることもできます。

 Amount You Oweで納税するべき金額を記入します。
Line 76:Amount you owe 納税するべき金額。Line 63からLine 72をマイナスして算出します。

Line 77:Estimated tax penalty
遅延利子等のペナルティ。

** 申告Form1040を用意して読むとわかりやすいと思います。IRSのHPからダウンロードできます。
http://www.irs.gov/formspubs/lists/0,,id=97817,00.html
このサイトから全てのFormを手に入れることできますが、全てが試験に出るのでなく、この中の極一部です。ただ、基本となるものはこのForm1040ですから、このフォームのパターンが分かると他も想像できると思います。

以上

オフィスアメリカ(Office America)
中川 真由美
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officeamerica@applycpa.com
提供プログラム: 
Roger CPA Review     http://www.rogercpareview.com/
ERES(米国学歴審査機関)http://www.eres.com/


posted by Mayumi at 11:50 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/25593709

この記事へのトラックバック