2008年12月12日

USCPA受験勉強 Reg-Study Point 9

オフィスアメリカが書いておりますメルマガ "USCPA(米国公認会計士)への道”を読んでいただいていますか?
毎週金曜日に無料配信していますので、よろしければご登録ください。
http://www.mag2.com/m/0000274148.html

お届けしている受験地情報ですが、来週最後にうれしいトピックを用意しています。

今回はRegulation-Study Point8です。
(一部をメルマガ12・12・2008で紹介しています。)

**お気づきとは思いますが、日本の税理士や会計士の試験と違い、実務としての税の処理を中心に出題されます。そのベースとなるのはやはり申告書(TAX Returnで使用するFORM)です。フォームの流れを理解することが合格への近道です。

それでは、Sutyd Point 9です。

今回も前回に引続き、個人所得税申告書(Form 1040)のIncomeの項目についてです。
つまり、申告書に載せるIncomeなので納税者にとっては課税所得に含めるべきIncomeについて、個々の項目について見ていきましょう。

 前回はForm 1040のLine 15まででしたので、その続きのLien 16からになります。

Line 16:Pensions and annuities   年金


Line 17:Rental real estate、royalties、partnerships、S corporations、trusts、etc.
賃貸収入、ロイヤリティ等は申告書のSchedule Eに詳細を記載して1040の     Line 17に記入される。重要なのはRental activityはPassive activityということです。Passive activityとは“Any business venture in which the Taxpayer doesn’t materially participate”です。そして、Passive activityから発生したLossはPassive activityから発生したGainとのみ相殺できるということです。控除できなかったLossは永久的にCarry forward可能です。納税者がRental activityに“Materially participate”している場合はOrdinary incomeと$25,000まで相殺可能です。

Line 18:Farm income or (loss)  農業からの所得


Line 19:Unemployment compensation
失業手当は全額課税対象となります。
Unemployment compensationとよく比較されるのがWorkers compensation(労災補償)です。このWorkers compensationは全額非課税ですので注意して区別することが必要です。

Line 20:Social security benefits
社会保障給付金。低額所得者(Provisional incomeがless than $25,000)なら受領したSocial security benefitsは非課税です。高額所得者(Provisional incomeがexceeding $60,000)なら受領したSocial security benefitsの85%が課税対象となります。

Line 21:Other income その他の所得
Line 21には課税所得でありながらLine 1からLine 20にはなかった項目、つまり個別にLineが設けられていない所得が記載されます。代表的なものに、Jury duty feesやGambling winningsなどがあります。Jury duty feesとはアメリカの陪審員制度においてJuryとして出廷することにより得る報酬です。これも課税対象としてGross incomeに含めなければなりません。但し、通常はAdjusted gross incomeを算出する過程で控除しますので、最終的に納税者のAdjusted gross incomeには影響はありません。

Line 22:Total income
ここでLine 7からLine 21までのTotalを計算してTotal incomeを求めます。ここで算出された金額はあくまでも課税対象となるIncomeの総計であって、この金額からLine 23〜Line36の種々の項目を控除してAdjusted gross incomeを決定します。


** 申告Form1040を用意して読むとわかりやすいと思います。IRSのHPからダウンロードできます。
http://www.irs.gov/formspubs/lists/0,,id=97817,00.html
このサイトから全てのFormを手に入れることできますが、全てが試験に出るのでなく、この中の極一部です。ただ、基本となるものはこのForm1040ですから、このフォームのパターンが分かると他も想像できると思います。

以上

オフィスアメリカ(Office America)
中川 真由美
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officeamerica@applycpa.com
提供プログラム: 
Roger CPA Review     http://www.rogercpareview.com/
ERES(米国学歴審査機関)http://www.eres.com/






posted by Mayumi at 10:30 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24186908

この記事へのトラックバック