2008年10月23日

USCPA試験ーWritten Communication

メルマガを始めて3週間。メルマガの記事を書くことばかり気になって、ブログが片隅に追いやられてしまいました。

メルマガをご購読いただいていますか?
まぐまぐから無料で配信していますので良かったらご登録ください。http://www.mag2.com/m/0000274148.html

以前にも書きましたし、試験勉強に関しての小冊子をダウンロード(された方は読んでいただいているかと思いますが、Written Communication(WC)が全体の10%のスコアーを占めます。
WCが始まった当初は数点の配点から始まり、実践力を確かめる!ということのようですが、今では10%とかなり英語力に自信のない方には悩ましいところと思います。

受験をこれからされる方へのアドバイス:
Simulation 2問にそれぞれWCが一題出ます。必ず両方を書きましょう。採点対象は一問だけ。ただし、どちらを採点されるかわかりません。書くしかないです。
SimulationのTestletを始めたら、まずWCから仕上げるのはどうでしょうか?ただし、時間の配分を忘れないように。

現在アメリカの大学とCPA受験生や仕事で必要な方々にビジネスレターの書き方のプログラムを準備中です。年内に紹介したいと考えていますが、12月のクリスマス時期などを考えると年明けとなるような気もしているこのころです。もうしばらくお待ちください。

少しでも受験のスコアーアップのお手伝いとなるようなプログラム作成中です。

一日でも早くご紹介したい思いです。

===========================
オフィスアメリカ(Office America)
中川 真由美
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officemaerica@applycpa.com
メルマガ:http://www.mag2.com/m/0000274148.html
 http://www.melma.com/backnumber_176900/
E-book:「USCPA(米国公認会計士)への道しるべ」と
     無料小冊子提供 http://agent-mm.com/uscpa/

提供プログラム: 
Roger CPA Review     http://www.rogercpareview.com/
ERES(米国学歴審査機関)http://www.eres.com/





posted by Mayumi at 01:30 | TrackBack(0) | 日記
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/21680517

この記事へのトラックバック