2021年03月14日

USCPA2021年7月からの試験

7月からの改変される試験対応


これから勉強を始める方も少なくありませんが、まず、変更の少ないFARREGから勉強・受験を検討されることをお勧めします。どのような教材で勉強をする場合も、AUDBEC7月試験変更の対策準備ができてから始めることをお勧めします。


AICPAが変更点Blueprintを発表したのが昨年の末。それから各学校は色々と対策を進めているところです。米国のReview Courseと日本のコースとのタイミングの違いはあると思います。


7月から試験に変更となる点は、特に、大きく変わるのはAUDBECです。出題の方法で重要とする点がかわるだけです。FARREGに関しては、ほとんど変更はありません。


この2科目に関しては、「出来るだけ630日までに受験をして合格をしておくように」聞いていると思います。ただ、勉強が間に合わないのに、無理をして高額の試験に挑戦する必要はありません。今回の変更は、従来のような何らかのルールに変更となる訳ではありません。


7月以降で受験となる場合

現在勉強している内容を十分に理解し、Technical Termを覚え、全体の流れを掴んでおくことで、7月以降の試験準備となります。その覚えた内容をべ―スに7月以降の試験に対応した練習問題を解くことで、7月以降の試験対策となります。


何も心配する必要もありません。十分に理解をしていれば、出題がかわっても新しい出題内容に慣れることで十分対応できます。(基本的な出題方法のMCQTBSは変わりません。出題の目的がかわるだけです。



Roger CPA Reviewの対応>

1.現在の2021年の教材は6月末までに受験をする方のためのものです。また、講義内容や画面上のe-bookや演習問題のQBank6月末までの内容です。以前から勉強をしている方々には変更前に合格できるようにアシストするためのものです。


7月以降に受験をする場合は、今の勉強は全体の流れを理解し要点を覚えましょう(Technical Termなど)。7月以降は新しい試験対応のために、理解したことを使って演習問題を解いて試験準備の開始です。


2.630日に71日からの対策の講義・e-bookQBank(ネット上の演習問題)にさし変わります。(勿論、試験対策に必要な場合は、現在と同じものもあります。)


今は講義を聞き・テキストを読み(e-book)、要点をNOTEにメモをしたり、Flashcardに整理をして、演習問題を解く際の準備をする時期と考えてください。7月に最新の内容に切り替わった時点で、演習問題(QBank)をスタート。問題の解説を見ながら、必要と思えば、講義を確認する。という勉強方法をお勧めします。


FAR/AUD/REG/BEC4科目は全く別の科目というわけでなく、関連事項があります。今は、一科目でも多くの科目を勉強する時期とし、7月から科目毎に演習問題(QBank)を解き、受験を検討することをお勧めします。


変更点の詳細は、改めてご案内します。


==========================

オフィスアメリカ

中川 真由美

530-0017 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F

TEL06-7711-1813FAX06-7711-1501

URL:http://www.applycpa.com

E-mail: officeamerica@applycpa.com

===========================


posted by Mayumi at 15:54 | TrackBack(0) | USCPA情報
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188488878

この記事へのトラックバック