2021年02月21日

2021年Roger CPA Review (UWorld Roger CPA Review)コース

UWorld Roger CPA Review 2021
https://accounting.uworld.com/cpa-review/

多くの方がどこかの学校で勉強をしていると思います。
まだ、これからUSCPAの勉強を考えている方には、単位確認などのアドバイスさせていただきますので、オフィスアメリカにお問い合わせください。
(email: officeamerica@applycpa.com ; mayumi@rogercpareview.com)

米国の資格、CBT試験などを考えると、最新のIT技術を駆使した講義で勉強することも合格へ近づく一歩ではないでしょうか。
** AICPA のElija Watt Sells Award Student Winnersに選ばれた方々の多くがRoger CPA Reviewで勉強をしていました。

既に他校で勉強をし、試験にも挑戦をしている皆さんで、「どうしても思うような結果が出ない」、「こんなに頑張っているのに」、「提供された問題は覚えてしまって、次回の試験の演習にならない」など、他の教材を考えている方も少なくないと思います。

75%で合格。74では不合格。69何だけど。。。いったいどんな勉強をすれば後6点増やせるのか?こういう悩みを持つ方は少なくないです。
通常は、テキストを色々と変えるよりも同じテキストで挑戦することをお勧めしますが、点数が伸びない理由を考えてみてください。
@日本語で勉強をしている、
A4時間のCBT、
B英語での試験などに準備ができていなかった。

英語のヒアリングが苦手だから。。。という理由で米国のReview Courseを避けていませんか?
Roger CPA Reviewは米国のCPAを目指す方対象のコースです。最新情報で、最新のTechnologyで展開しているコースです。例え、英語で4時間の試験に挑戦するためには、英語や試験に使われるPCの環境に演習の時から慣れておく必要があります。

日本語で勉強をしてきた方々に必要なのは、英語の問題に慣れ、4時間という試験に対応できるようになることです。そこで、Roger CPA ReviewのQBankが役立ちます。そして、フラッシュカードを作成して、携帯で効率的に勉強できます。(講義はリスニングに演習のつもりで聞き流すと考えてください。理解している講義内容ですから、聞き取れるようになるのも時間の問題です。)

コース内容を動画で確認は:
https://accounting.uworld.com/cpa-review/cpa-courses/elite/

文面での説明に想像がつかないと思います。まずはFree trial(画面にあるオレンジ色のFree Trial)をクリックして、1週間で色々と試してみてください。納得いただけると思います。
https://accounting.uworld.com/cpa-review/cpa-courses/free-trial/

選択コースの種類:テキストは送料を個人負担となり、日本までの送料は結構高額となります。講義画面上にテキスト(e-book)が表示されるので、テキストは不要という方も少なくありません。

1. Elite コース:視聴無期限(4科目とも)
*ルールやレギュレーションがかわるごとに教材はアップグレードされます。
合格後も確認に使う方もいます。英語の勉強に使うか方も。

2. Premier コース:視聴18ヶ月(1科目開始するとその日から18ヶ月)
*追加料金で延長可

3. AUD、BEC, FAR, REG (希望の科目のみ受講):視聴6か月 
どうしても合格できない科目分だけ購入して勉強してみてはいかがでしょうか?
*追加料金で延長可

コースの比較や料金は下記URLから。
https://accounting.uworld.com/cpa-review/cpa-courses/

各コースの構成はどのコースも同じです。
*ご自分のニーズに合ったコースの種類を選択ください。
*過去にどこかの学校で勉強している方には割引があります。(日本の学校でもOK)
  https://accounting.uworld.com/cpa-review/cpa-courses/discounts/fresh-start/
*PCと同様にスマホで勉強可。(DownloadするとWi-Fiが無くても勉強可。)

コース構成:
1. 講義
1)Mr. Roger Philippの20年にわたる経験で、飽きない、印象に残る講義
2)英語での講義ですが、英語のサブタイトルが付く
3)講義の画面では、講師のRogerと板書 + テキストが画面上に。
4)画面上のテキストにもハイライト;メモも同じ画面でOK
5)例題などを使い解りやすい講義
6)小単元ごとに分割されているので、勉強のペースがつかめる   
   *10分とか20分とか科目や重要度によって違いがある

2.演習 ― “QBank” 本番の試験と同様にPCで演習
1)単元ごとに本番と同様のMCQ(選択問題)とTBS(総合問題)から数千問。
2)毎回、自分で設定:挑戦する問題数、単元、時間設定、MCQかTBS
  *休憩など短い時間に、スマホでも、昨日の復習として問題に挑戦できる。
3)解説にも工夫がされ、問題によっては、解説に表や絵などで解りやすい解説
4)不正解の問題の講義を確認したい場合、講義のどの箇所か指示、再度確認できる。
5)本番と同様の4時間で問題に挑戦
  *本番前に4時間の長い試験を経験し、準備ができる。

3.SmartPath
  各単元の理解度をシステム上で確認可(受験時期の確認にもなる。)
1)85%以上になれば、合格か可能性あり。(単元ごとに示される)
2)理解不足の単元はどこか?その単元を復習し、全体のレベルがあがれば、受験。
   *全問を解く前に重要ポイントを十分に理解できている。ということも。

4.Flashcard:(手書きでカードを作って覚えたのは一世代前かもしれません。)
1)講義を聞きながら、QBankで質問を解きながら、独自のFlashcardの作成。
(日本語も使用可)
2)既に作成されたカードもあり。
3)作成したフラッシュカードはスマホで演習
4)苦手とすると、カードが自動的に頻繁に出てきます。
   *カードで勉強する際に、出てくる頻度の設定。

最新のTechnologyを駆使した講座です。
A. Roger CPA Reviewでは受験資格や手続きに関しての概要しかありません。
B. オフィスアメリカがその点を担当しますので、ご心配はありません。
C. 単位不足に関しては、単位取得方法をご案内させていただきます。

posted by Mayumi at 17:30 | TrackBack(0) | 案内
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188423561

この記事へのトラックバック