2019年11月11日

2020年受験の対策情報

USCPA受験2020年の対応

皆さんはUSCPA受験にどのような勉強方法で受験対策をしていますか?
どこかの学校で勉強をしていますか? 或いは、独学ですか?
最新の情報で勉強していますか?

2019年の試験も12月10日までとなりました。
結果の出た方、来年に向けて準備をしている方、これから勉強を考えている方色々です。

かつては、米国まで年に2回実施される試験会場で受験。今では日本にある試験会場のPCの前で試験。予約制で年間約9カ月以上受験ができるという受験生にとっては随分対応しやすくなったと思います。その反面、残念ながら費用も高額となりました。しかし、合格をすればその投資した費用は戻ってくるといわれるほど、価値のある試験となります。

選択問題とEssayだけの試験で、「過去問題集を2・3回繰り返して勉強すれば合格」、「過去問題集の同じ問題が数問出題されていた」というような時代から、今では問題に慣れるだけでは対応できない試験と変わってきました。

まず、内容を理解し、応用力も必要です。総合的な理解も求められるようになりました。PCでの試験のため、その対応も必要となってきました。ただ、75%で合格ということから、効率よく勉強することで対応できる試験です。(時間をかけて、理解を深めることで合格につながります。)早く自分の勉強方法を見つけることです。

よく聞く声に、「頑張っているのに結果が思うように出ない」「どのように勉強したら良いか解らない」など。この時点ですでに大きな自己投資をしているわけですから、引き返せません。

いかがでしょうか?「英語力不足」と考える方は少なくないと思います。「日本語で聞かれたら簡単に解けたのに!」とも聞きます。
英語の試験問題に慣れ、PCの前で4時間の試験に対応でき、合格できるレベルの英語力に達する一番の方法は英語でUSCPAの受験勉強を開始することでは無いでしょうか?

お勧めの講座がRoger CPA Reviewです。https://www.rogercpareview.com/
費用面、講義内容、教材、最新のIT技術を駆使したOnline講座、すべての演習問題はPCの画面上で。一度、7日間無料(Free Trial)をお試しください。
USCPAは米国の試験です。まず、このFree Trialをご自分で申し込むところから、英語での環境になれるスタートです。上手く入れるかどうか、試してみてください。

英語だけだと理解が正しいかどうか不安?
そのために用意された演習問題を解き、英語の解説を理解し、不安があれば問い合わせをする。(英語の講義ですが、英語のサブタイトルがあります。)
時間をかけて、積み上げていくことで英語力・知識共にUSCPA受験準備ができ、合格、そして、合格したUSCPAの知識を生かした仕事ができるだけの英語力が身につきます。

受験州のアドバイス、受験手続に関するアドバイス、受験要件を満たす方法、勉強方法などはオフィスアメリカが対応いたします。

(オフィスアメリカのHPは現在改訂中です。一部の情報が最新ではないことをご理解頂きますようお願い致します。)

==========================
オフィスアメリカ 中川 真由美
〒530-0017 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F
TEL:06-7711-1813 FAX:06-7711-1501 
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officeamerica@applycpa.com
===========================




posted by Mayumi at 13:54 | TrackBack(0) | 案内
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186792189

この記事へのトラックバック