2016年06月26日

USCPA - License

License取得に必要なCPAによるサインーどうしていますか?

NASBAはUSCPA合格後にLicenseを取ること、特に、日本受験をした方には取ることがMUSTのような案内があります。取得しないとペナルティーがある訳でもなく、合格が消える訳でもありません。

NASBAサイドとすると、海外に在住のCPAの質の向上のためにも、USCPA合格後に情報や知識のUpdateのためにも、Licenseを取得しCPEによってCPA合格者としてのレベル維持が狙いかと思います。

合格者にすると、合格したことによって、英語力とビジネス・会計の知識を高く評価されて転職や昇進のチャンス、或いは、海外での就職の機会を得ることができ、その目的を達成することでそれ以上に投資を考えたくないと思う場合もあります。(確かに、ライセンス取得にはまた費用がかかり、維持するためにも費用を避けられません。)

合格することで監査法人やBig4などで仕事をされる方には勿論Licenseが必要となります。また、一般企業でも経理・会計関連の仕事をすることで名刺にCPAと記載するためにはLicenseが必要となります。

ご存知のように、License取得には実務経験を証明するUSCPAのLicense Holderのサインが必要となります。
合格後の実務経験で必要条件を満たす場合や合格の時点で既に実務経験をお持ちの場合とあります。どちらの場合もLicenseの手続きにはサインが必要となります。

多くの日本の方が申請をするワシントン州では実務経験の内容や誰がサインをするかなど条件がどちらかと言うと優しいものになっています。USCPA関連の経理の必要はありません。また、上司がUSCPAで上司のサインが必要という条件もありません。誰かお知り合いのUSCPAにサインをして頂くことでOKです。

と言われても、周りにサインをする条件を満たすUSCPAがいる方は大変少ないかと思います。サインをする方の条件や手間を考えると、できたらどこかのサービスを検討する方が少なくありません。

最近、NASBAがこの問題を解決してくれるサービスを開始ししました。Experience Verificationのサービスをご存知ですか?まだ、稼働始めたばかりですが、サインをしてくれる方を探す必要もないことや、NASBAのサービスですから、申請後にOKが出るどうか心配する必要もありません。

まず、オンラインでのお申込み、それからスクリーニング等あり、お申込となり、その時点で手数料のお支払いとなります。詳細はHPでご確認いただけます。(まだ、詳しくは記載されていませんが。。。)
このプログラムを確定する際に、会議に一度ですが、参加させて頂きました。新しいプログラムですから、これから改善が進むことと思いますが、License Holderのサインを得るために、どこにどうして良いかわからない方には、安心できるサービスと思います。

オフィスアメリカではLicense申請のためのお手続きも代行・サポートしています。サインはNASBAで他の手続きはオフィスアメリカにお任せ頂けると、面倒な手続きを思い悩むことなく、申請に必要なEthicsなどの準備を進めることが出来ると思います。

==========================
オフィスアメリカ 中川 真由美
〒531-0017 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F
TEL:06-7711-1813 FAX:06-7711-1501 
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officeamerica@applycpa.com
===========================






Licenseの手続きには

継続を期待す
posted by Mayumi at 12:41 | TrackBack(0) | USCPA情報
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175829389

この記事へのトラックバック