2016年02月14日

USCPA学歴信機関―NIES

日本の方が受験するほとんどの州がNIESを指定しています。

弊社(オフィスアメリカ)が窓口をしているERESが学歴審査ができる受験州で日本の方が受験をする州はCalifornia, Vermont, Guamとなった。(GuamはHP上ではERESを紹介していないが、正式に認められ、実際にGuam 申請のために学歴審査をしている。)

NIES申請に関しては、書類の準備に気を付ける必要がある。
(概要の手続き説明が日本語でされるのはWelcomeですが、詳細が無い限り不安が一杯の手続きですね。)

書類に関する注意事項:
1. 書類:必ず大学が厳封したオリジナルであること。
英文成績証明書と英文卒業証明書
**ERESでは取得した学位と卒業年月日の記載があれば、英文卒業証明書は不要ですが、NIESの場合は、記載の有無に関係なく送ることをお勧めします。
(ERESで審査を担当しますが、各大学様々な証明書のため、悩ましいものも時々あります。)

2. 日本語で発行された書類
パスポート名でUSCPAを受験することから、NIESも同様にパスポート名で申請します。ところが、大学等が発行する書類が旧姓の場合が少なくありません。この場合、これらを検討下さい。
(**有効期限内のパスポートのコピーを郵送します。)

1)大学に相談をする
** 大学によっては、証明書の名前に新しい名前や併記などで発行される場合がある。また、名前が変更となっていることを証明してくれる場合もある。(学校次第です。)

2)戸籍抄本で婚姻を証明する
** 戸籍抄本を英語で発行する都道府県はほとんどないかようです。日本語で発行された書類に、英訳の添付が必要となります。
<英語訳に関して>
詳細の説明がないため悩ましいですが、ATAメンバーなどで正式な英訳とすることが必要と言われます。自分で英語訳される場合は、公証をして提出しても良いかと思います。(これに関して、正式に認める旨の回答はありませんが、公証された書類を否定することは無いかと思います。)

**同様の書類がNIESとCPAES(受験州)で必要です、念のため。ただし、CPAESではご自身の訳された英訳でもそのまま受理されます。つまり、公証は必要ありません。(将来的にはどうなるか解りませんが)

3. 大学の英語訳が不正確な場合の会計・ビジネス単位の証明など:
ERESの場合、弊社で書類確認ができ、中川も審査に参加できたことから、審査にあまり追加書類は必要なかったかと思いますが、NIESの場合、日本の情報が少ないと考えると注意が必要です。

会計単位だけど、或いは、ビジネス単位だけど・・・と考える科目がある場合は、シラバスなどを同封しましょう。
1)大学の英語訳:
大学が作成する英文証明書にある科目の英語訳が微妙なことが少なくないです。その英語ではビジネスと言えないかも?とか、会計だろうか?と考えてしまうことがあります。中川が審査をするERESでは大学のシラバスを確認などできましたが、NIESの対応は違いますから、ご自分で事前に準備されることをお勧めします。

*1:日本語のシラバスに英訳を付ける。ただし、大学が英訳を用意していない場合は、ご自身で訳して、大学に正式としていただくことが必要です。
(大学が正式に発行しない場合、NIESが書類を正式と認めないケースがありますから、#2で説明したように、公証などが必要となります。)

*2:あるいは、ご担当の教授にお願いをして、レターを用意するなどして、正式な書類として、講座内容の説明をされる・シラバスの英訳を送るなどをお勧めします。
例えば、日本でいう“ゼミ”ですが、証明書にはSeminarとのみ記載されているケースが多いです。その場合、教授のレター次第で会計単位にもビジネス単位にもなりえます。(レターでその旨説明が必要ですが・・・)

4.米国以外の他国で取った学位や単位を使用する場合
NIESのサイトのRequirementのページで取得した国を選択し、必要な書類を確認しましょう。
https://www.nasba.org/products/nasbainternationalevaluationservices/requirements/

指定された書類が揃わない限り手続きが先に進みません。どうしても入手できないなどの問題が発生すると、直接交渉が必要となりますが、なかなか融通が聞かない審査機関であることは間違いありません。

オフィスアメリカではUSCPA受験のサポートプログラムをいろいろと用意しています。1年間のカウンセリングでは審査の手続きも含めて、USCPA受験に関して様々なご質問にお答えします。また、皆様に替わってお手続きをするサポートもあります。(学歴審査のみのサポートもあり)一度弊社HPをご覧ください。

==========================¬=
Roger CPA Review日本事務局 / ERES日本受付
オフィスアメリカ
中川 真由美
〒531-0017 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F
TEL:06-7711-1813 FAX:06-7711-1501 
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officeamerica@applycpa.com
============================
posted by Mayumi at 20:00 | TrackBack(0) | USCPA情報
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174055565

この記事へのトラックバック