2015年12月07日

11月にNASBAの会議に出席しました。

CPAES/NIESのスタッフの方々は大変フレンドリーで、とても良い雰囲気のオフィスでした!!

USCPA受験者は受験手続の書類をCPAESへ送り、また、学歴審査でNIESを使用するなどしますが、これらはNASBAの中でCPA試験のためのサポート部署と言えると思います。良く受験手続のサポートでテネシー州のNashvilleに書類を送りますが、11月に初めて行ってきました。International Candidates, 特に日本の受験者に関しての話で、NASBAのStaff Meetingに参加しました。

受験手続でかかわるのがCPA Examination Service (CPAES)
学歴審査でかかわるのがNASBA International Evaluation Services(NIES)
NASBA内ではCPAESは”シーペス”と言うか、”シーパス“というか、“a”の発音からすると、ぺとパの間の音で日本には無い音とになりますが・・・と呼ばれていました。また、NIESはそのままアルファベットで”エヌアイイーエス”でした。日本で一般的に呼ばれている”ニース“と言うのは全く勝手な呼び方と言うことでしょうか、彼らの顔に一瞬 ”ニース?それ何?“と言う表情がありました。

両方の部署ともカタカナで書くと少し音が違って感じますが、なるほど!と思いながら聞いて、頑張って使ってきました。

現在、NASBAでは海外の受験者にとって負担となる手続きをどのようにサポートし、負担なく受験できるか模索中と言うところです。日本の受験者は何に困っているか?と言うことかと思います。学歴審査も含めて同様に検討中と言うところでしたが、合格後ライセンスを取ることを推奨していることから、それらに関するサービスも出てくるようです。

皆さんがCPAESやNIESに持っているイメージはどんなものですか?
堅苦しく、威厳があって・・・と言うイメージを持っている方は少なくないと思いますが、アメリカのオフィスらしく皆さんフレンドリーで良い雰囲気のオフィスでした。

受験者の皆さんにお勧めは、NIESで思った結果と違う場合、是非問い合わせてください。十分な情報が無いことから間違った結果となることもあります。(これはNIESに限らず、どの審査機関でも同様です。人間のする審査ですから、勘違い、間違いあります。疑問に思ったら是非連絡して質問してください。)

CPAESのサービスも同様です。「審査結果が届いていないです!」と言うようなメールが届くと慌てる皆さんが少なくありません。まず、審査機関が審査結果を送っているとすると、CPAESで郵便物の紛失等が考えられます。また、届いているものの処理が終わらず担当の手元に届いていないこともあります。オンラインのお手続きをいつしたか?と言うことも考えられます。早くに進めると、審査結果が届かない・・・と言うことになり兼ねません。その場合、請求が来ても慌てる必要はありません。

NIESでもCPAESでもですが、何か問題が発生すると先に進みません。解決しない限り受験できません。困っていることがありましたら、オフィスアメリカへご連絡下さい。

==========================¬=
Roger CPA Review日本事務局 / ERES日本受付
オフィスアメリカ
中川 真由美
〒531-0017 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F
TEL:06-7711-1813 FAX:06-7711-1501 
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officeamerica@applycpa.com
============================


posted by Mayumi at 12:06 | TrackBack(0) | USCPA情報
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/169434332

この記事へのトラックバック