2015年09月22日

NASBAの方々とカリフォルニアで会議(2)

International Examination −日本受験

前回に続き、カリフォルニア州のサクラメントでNASBAの方とお話をした際に出てきた内容をご紹介します。

ペナルティーは無いものの日本受験をするということは将来的にLicenseを取るということが前提となります。そういう面倒なことが嫌なかたは、もちろん、アメリカで受験できます。グアム、ハワイ、本土へご褒美を兼て出かけ、数科目受験をするということも可能です。(個人差がありますが、どの科目も相互に関連がありますから、全体を勉強した方が見えやすいと思う方もあるかと思います。時間と費用で要検討となることですが。)

今回はもう一点、大変心配されていた内容をご紹介します。それはBECのWritten Communicationのスコアーです。

<Written Communicationがゼロでは合格できません。>

BECの試験配分に2017年の新試験まではMCQが85%でWritten Communicationが15%と言うことは皆さんご存知と思います。75%で合格だからMCQで高得点をすれば良いと考えている方々が少なくないのではないでしょうか?それは”間違い!“と言うことです。

万が一、MCQが満点でWCがゼロでも合格できたという方がおられるかもしれません。NASBAの方々は統計で判断をされていますので。ただし、はっきりと言われたのは、総合的な試験と言うことから、WCの得点が無ければ、基本的には合格ができないそうです。**CPAとして、クライアントに説明が正しくできる作文力があるかどうかを試すためのWCですから、無回答となると、“力ありません!!”と言うことになるかと思います。

他のInternational Examinationの会場と比較しても、かなり成績は低いようで、どのような協力が必要か検討されているようです。英語力、特に作文力をつけるには時間がかかるかと思いますが、現在、意図的に本番でWCに時間をかけたくないと考えている方が少なくないことも事実と思います。

BEC試験内容に関して再確認事項:
1.3問出題のうち2問採点対象(どれがその2問か不明なため、3問回答要)
2.Grammarやスペル、文の構成が採点対象
3.コンピューターが採点です。作文の画面にあるスペルチェックなどの機能を使うこと。
**要求されている説明する内容が正しいかどうかは採点対象外です。

これは中川の意見ですが、これからBECを受験する際に、皆さんに是非気を付けて頂きたい点です。
1. 必ず3問回答する。
2. 短くても良い、内容が正しい回答でなくても、自分の書ける範囲で書く
3. 文の基本構成:
Introduction (出題の質問を自分の文章で繰り返し、できたら簡単なその回答をそえる。)
Body (回答を解りやすく自分の英語力のレベルで書く。)
  **難しい構文を考えたり、レベルの高い単語を使おうとすると難しいかもしれません。勉強をしている際に良く見かけた単語や表現を使って、短くて良いので、自分の納得いく文章を書く。
Conclusion (要点を簡単に繰り返して結論とする)
 **最後に、自分の名前のサイン等、文章作成の決まりを忘れないように。


NASBAの方々はどのようにすればWCの得点が上がるか大変心配されていました。しかしながら、日本の大学教育にもあるかもしれません。また、BECのWCの位置づけを誤った案内を受けている方々も少なくないと思います。

ここ数年大学での英語指導への力の入れ方からすると、将来的には心配ないかと思いますが、既に卒業をされた受験者の90%を超える方々はご自分でそれなりの努力が必要となります。USCPA受講や受験に費用がかかります。時間も取られます。これ以上英語の勉強に時間とお金をかけられないとお考えの方も少なくありません。

USCPAは英語の試験ですから、特別な費用をかけずに受験のための勉強で英語力を伸ばすことができます。(次回に紹介したいと思います。)

USCPAとして、グローバルな経済で今後活躍することになる皆様には英語力は不可欠です。英語を読めるから合格できる。つまり、読めるだけの英語力があれば、練習することで、書くことにもなれ、会話できるようになります。受験勉強と同時並行で進めるべきことかと思います。

NASBAと話をした他の点や英語力を伸ばす方法を次回でご紹介します。

==========================
オフィスアメリカ
中川 真由美
〒531-0017 大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル20F
TEL:06-7711-1813 FAX:06-7711-1501 
URL: http://www.applycpa.com
E-mail: officeamerica@applycpa.com


posted by Mayumi at 17:28 | TrackBack(0) | USCPA情報
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164159133

この記事へのトラックバック